ANA表記(世界陸上ロシア代表)の意味は?国名ではなく何の省略?

みなさんおはようございます!ゆうちです(^◇^)

 

早起きは3文の得って言いますが!

今日は早起きしてすっごいものを見てしまいました!!

 

今世界陸上がロンドンでやっていますけれど。

なんとなんと!

100mの優勝はアメリカのガトリンに~~~~( ;∀;)

 

ボルト最後の大会で

ガトリンにやぶれました・・・・!!!

 

ガトリンすごい・・・!!

 

なんか、歴史的な瞬間を見てしまった気がして・・・!

ボルトが負けたことはなんだか残念な気もしますが

ボルト最後の試合で彼をやぶったガトリン、

すごいですね!!!

 

いや~~

なんだか朝から感動してしまいました!!

 

さてさて、陸上を見ていたら

ロシア代表のメンコフ選手の国名表記が

ANAになっていた、というのが

話題になっていました。

 

 

ネコりん
ANAって全日空?

 

 

気になったので

今日はこちらについて

調べてみましたよ!!

 

 

関連記事

マラソン北朝鮮双子キムヘソン/ヘギョンの経歴は?成績や見分けも!

 

スポンサーリンク


ANA表記(世界陸上ロシア代表)の意味は?国名ではなく何の省略?

 

話題!

 

・・・んなわけないですよね!笑

 

 

第16回世界陸上ロンドン大会を含めた国際大会では

 

ロシアの選手たちがドーピング問題で

出場停止扱いにされていました。

 

 

国家ぐるみの薬物違反がまん延していることを指摘されて以来、

国家代表としての国際大会の出場を禁止されており、

2016年夏のリオデジャネイロ五輪もほぼ全面的に締め出されていたことは

記憶に新しいと思います。

 

 

しかし今回のロンドン世界陸上では、特別処置で

大会に復帰できることになった選手もいたんです。

 

 

出場が許可された選手たちは

 

・セルゲイ・シュベンコフ(Sergey Shubenkov)男子110メートルハードル

・マリア・クチナ(Maria Kuchina)女子走り高跳び

・イリア・ムドロフ(Illia Mudrov)女子棒高跳び

・オルガ・ムリーナ(Olga Mullina)女子棒高跳び

・セルゲイ・シロボコフ(Sergey Shirobokov)男子競歩

・ヤナ・スメルドワ(Yana Smerdova)女子競歩

・ダニール・ツィプラコフ(Daniil Tsyplakov)男子走り高跳び

 

ということです!!

※このほかにも出場している選手はいるみたいです!

 

スポンサーリンク

 

ANAはなんの省略?

 

気になるANAの意味も調べてみました!

 

 

ANAの意味は、

 

Authorised Neutral Athletes

 

なんですね!

 

Authorised :権威を付けられた

Neutral :中立の

Athletes:選手

 

ということで

ロシア選手たちはドーピング問題のため、

「ロシア」という国の代表で出場はできず、

中立選手としての出場という扱いになっているそうです。

 

 

 

ネコりん
なるほど!問題解決☆

 

 

関連記事はこちら

石井大裕アナの英語力は?世界陸上2017インタビューが話題

ガトリンへのブーイングはドーピングのせい?世界陸上2017優勝で話題

 

 

まとめ

 

ということで

今日は世界陸上の気になった表記、

ANAについて調べてみました!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

ネコりん
全日空は全く関係なかったね!

 

 

スポンサーリンク

 

 


この記事を読んでいる人に人気の記事٩( 'ω' )و



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)