GW2018四国の渋滞予想や混雑まとめ!人気の観光地についても!

こんにちは~、miyaです♪

そろそろゴールデンウィークが
近づいてきましたね!!
予定が決まってきている方も
多いのではないでしょうか?

私は去年のゴールデンウィークは
城崎温泉に行って現実を忘れて
ゆっくり過ごしました!!
ただGWはどこに行っても人だらけ
なのでその点は落ち着かなかったです(笑)

GWのお出かけというと
USJやディズニーランドなどの
定番も良いですが、自然がいっぱいな
四国への旅もオススメですよ♪

そこで今回はゴールデンウィークに
四国に遊びに行く際の
混雑しそうな場所や渋滞などの
予測をしたいと思います!

スポンサーリンク


高速道路の渋滞

やはりGWの高速道路は
高松自動車道
松山自動車道
高知自動車道

と全て渋滞します。

それぞれの道路の
昨年の様子をチェックしてみましょう。

高松自動車道

twitter情報によると
昨年は5月2日〜5月4日までの渋滞が
特にひどかったみたいです!

松山自動車道

こちらは高松自動車道に比べたら
渋滞の報告は多くはありませんでした。

高知自動車道

こちらも高松自動車道に比べたら
そこまで多くの渋滞報告はありませんでした。

しかし、やっぱり
事故が発生しちゃうと
どうしても動かなくなっちゃいますよね。

GWは普段に比べて車が増えるので
そのぶん事故の件数も増えやすいです。

高速道路に乗る前にガソリンなどの
燃料の確認はきっちりしておいてくださいね!

GWの渋滞中に高速道路で車が
止まってしまうと…想像もしたくない
状況になっちゃいますよね(笑)

パーキングエリアでもかなりの
混雑が予想されます。

トイレなどもとても混んでいるので、
お子さんは早め早めのトイレ休憩が
必要かと思います!
またどうしても!という場合も
あるかと思うので簡易トイレなどを
1つ持っておくと安心ですね(^^)

渋滞中の車の中は子供にとって
すごく憂鬱な時間かと思うので、
DVDなどを持って行くと良いでしょう♪
ゲームや本などは酔っちゃうので
ご注意くださいね~!
酔い止めも1つ持っておくと良いですね。
渋滞は大人でもイライラしちゃいますよね~

スポンサーリンク

観光地での混雑

GWは有名な観光地ですと、
間違いなく混雑しているので、
混雑していること前提に
行動しても良いくらいです(^_^;)

▪︎愛媛県 道後温泉

道後温泉本館の前はGWは
毎年長い行列ができるようです。

朝は6時にオープンなのですが、
オープン前から行列なので朝一で
道後温泉に入りたいという方は
6時には必ずいきましょう!

▪︎徳島県 鳴門の渦潮

渦潮観光はGWは特に人気で
必ず混雑するスポットです!

海の中をグルグル舞う渦潮、
毎日違った渦を見せてくれるので
四国に来た際には一目見たいと
思う方も多いですよね!

徳島は観光スポットが限られているので
どうしても集中してしまい
だいたいどこも混雑を
避けることはできません。

▪︎高知県 ひろめ市場

GWのひろめ市場も混雑がすごく
歩くのがやっとの状態です。

座る席を探すのもやっと…(^_^;)
私もGWにひろめ市場に行ったことが
あるのですが鰹のタタキを食べるために
インドのカレー屋さんに座らせて
もらったのを覚えています。

少しぼぉーっとしていると、
みんなとはぐれちゃうくらいの混雑なので
小さなお子さんは絶対に手を
離さないでくださいね!!

▪︎その他、食べもので有名なスポット

徳島県で言いますと、
徳島ラーメンで有名な東大、いのたに、
ふく利、麺王などは人がいっぱいで
車も停めることができません。

徳島で美味しい魚料理が食べられる
「びんび家」も普段から県外の人が
来ていて平日も人がいっぱいの
状態なので、GWは諦めた方が
良いくらいの行列です…

香川県のうどんも有名な中村うどん、
がもううどん、もり家、わら家、
池上製麺所、さか枝など
この辺りは行列ができます。

せっかくのGWのお出かけなので、
お腹が空いてイライラしないように
早めに行動してくださいね!

まとめ

いかがでしょうか?

ゴールデンウィークなどの大型連休は
だいたいみんなお出かけをします!

有名な観光地や道路などは
必ずと言って良いほどいつもより
混んでいます。

時間に余裕を持つことで
気持ちにも余裕ができて渋滞でも
イライラしないかと思うので、
早め早めの行動を心がけてみて下さいね!

ステキなGWをお過ごしくださいね(^^)

それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を読んでいる人に人気の記事٩( 'ω' )و



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)