子供英会話はいつから始める?最適な時期とその理由!

CapD20160908_4

CapD20160908_4

こんにちは、ゆうちゃんです☺︎

 

私が英語を習い始めたのは中学1年生の、学校の授業でしたが、

最近では小学校でも英語の授業が始まっています。

 

近頃は、街を歩けばいたるところに

「子供英会話」の文字を見かけますよね。

 

この前テレビを見ていて知ったことですが、

子供に習わせたい習い事ランキングでは

幼児でも小学校低学年も高学年も

英語が第3位以内に入ってるそうです!

 

そこで

「いったいいつから英語を習わせたらいいのだろう…」

と悩むお母さんたちも多いのではないでしょうか??

今回は、英語を習い始めるのに適した年齢を検証していきたいと思います‼

スポンサーリンク

子供英会話はいつから始める?最適な時期とその理由!

 

中学からで十分?

まず初めに

英語は中学からでも十分なのでは?

と私は思います。

 

私自身は中学の授業で初めて英語に触れました!

今では外国人とのコミュニケーションに不自由しないし

(日常会話レベル)

外国人のお友達もたくさんいるし、

外国に1人で出かけていくこともあります☺︎

 

大人になってからちゃんと英語をやり始めて、

コミュニケーションできる友達もいます!

 

よって中学からやり始めても

ちゃんと英語はできるようになります。

(ただしそれなりの時間は要しますが…!)

 

中学から英語を習い始めた私が

初めて英語話せる!と感じたのは

大学2年生のころでした!

 

 

中学以前ならいつからがいいの?

 

幼児期に英語を始める最大のメリットは、

英語の音の吸収がよくなること

だと私は思いますが

それを踏まえて検証していってみます!

 

言葉を学習するのに、人の脳には

「臨界期」というのがあるようです。

これは、母国語以外の音をスムーズに聴き取れるギリギリの年齢で、

この時期を過ぎてしまうと、

母国語である日本語以外の音を意味のある音として

脳が認識しなくなるんです。

 

英語には

日本語にはない音がとってもたくさんあります。

だから、私たちみたいな大人の学習者は

英語の音に慣れるのに相当な時間を必要とします。

 

逆に臨界期以前の子供の脳はとっても柔らかく

日本とは全く種類の違う英語の音声でも

なんなく吸収しちゃうってわけなんです。

 

カタカナ英語を覚える前の子供の脳は、

英語の音声を真似っこするのもとっても上手です☺︎

たとえば、girlという単語、

大人は「ガール」という先入のイメージがついてしまっていますが、

いくら英語っぽく「ガール」と言っても外国人には全く通じません。

 

前に親戚の子に試したことがあるんですが、

“girl”という単語を聞かせて、

カタカナで書いてってお願いしたら「ガロゥ」って書いたんです。

実際こっちのほうが、ネイティブの発音にはとても近いです。

発音を真似させても、キレイに”girl”を言っていました☺︎

 

というわけで、

英語耳、キレイな発音を身につけさせたいのなら、

「臨界期」以前がよさそう!

これは諸説あるようですが、

8歳~12歳といわれています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

というわけで、お子様の英語教育は、

8歳〜12歳以前がよさそうです。

脳みそが臨界期を迎えて、母語以外の発音を受け付けなくなる前に

ぜひたくさん英語の音声をきかせてあげてください◎

読み書きよりも

リスニング中心にお勉強できる方法で

英語学習させてあげてくださいね*

 

それでは

今日はこの辺で☺

読んでいただきありがとうございました!

 

ゆうちゃん

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

  1. CapD20160908_4
  2. capd20160919
  3. CapD20160908_4
  4. CapD20160908_4
  5. CapD20160908_4
  6. capd20160918_4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

はじめまして★ゆうちです。


はじめまして、ゆうちです!

また、日々の生活の中で疑問に思ったことや
気になったことなんかを書いていきます。
みなさんのお役に立てたらうれしいです!

よろしくお願いいたします!