熊耳智貴さん(國學院大9区/箱根駅伝2018)の記録や動画まとめ

あけましておめでとうございます!
昨日と今日は朝からテレビの前に張り付いて
箱根駅伝を見ておりました!

駅伝選手たちの一生懸命な姿に
毎年涙なしでは終われないこの箱根。

今年も様々なドラマがありましたよね!!
私としては今年の一番の名場面は
国学院大学の9区から10区へのタスキ渡しの場面。

テレビの前でめちゃくちゃ叫びました!
手を叩いて応援しました!!
頑張れ〜〜〜〜!!!って
声援を送りました!!!!!

しかし、あとちょっとのところで
そのタスキは渡らなかった・・・

あの瞬間は泣きました・・・・!!!!

この第9区を走った選手が
とても気になったので
彼について調べてみました!

スポンサーリンク


10区の繰り上げスタートの場面

この瞬間、
本当に多くの視聴者の方々が
左上のタイムと
限界を超えて走る熊耳智貴さんの姿に
釘付けになっていたんじゃないでしょうか。

目の前でタスキを渡せなかったなんて
悔しすぎる、、、、
忘れられない名場面になってしまいました・・・

twitterでも非常に話題になっていましたね!!

スポンサーリンク

熊耳智貴さんってどんな人?

名前:熊耳 智貴(くまがみ・のりき)
生年月日:1995年8月28日
身長:170センチ
体重:52キロ
出身地:栃木・那須塩原市
大学:国学院大学法学部・4年
出身高校:作新学院
出身中学:厚崎中学校
1万メートル自己ベスト記録:29分17秒16

熊耳 智貴選手ですが
去年も箱根駅伝に出場されました。

去年は8区で
区間6位の快走を見せました!

去年はこの活躍により、
繰り上げスタートを免れる走りを見せました。

今年はタスキの受け渡し場所に到着する随分前から
テレビに走ってる姿が
頻繁に映っていましたが、

本当に一生懸命走っている姿に
胸を打たれました。。。

最後の10区へのタスキの場面を見たときは

ネコりん
繰り上げスタートって
なんて残酷なルールなんだ!

って思っちゃいましたね。

過去の悔しい場面

過去にはこんな場面もありました。

陸上のことにそこまで詳しくない私は

ネコりん
繰り上げスタートなんて
無くしてしまえばいいのに!

なんて思いますけども、
なかなかそうはいかないのですね、
きっと。

強すぎる青学が
憎たらしいと思ったほどです。。。笑

まとめ

ということで
今日は箱根駅伝2018について
国学院大学の名場面について
まとめてみました。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

スポンサーリンク


この記事を読んでいる人に人気の記事٩( 'ω' )و



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)