Nulbarich/hometownの歌詞和訳と解説!(ナルバリッチ/ホームタウン)

みなさんこんにちは、ゆうちです(*’ω’*)

 

昨日、金曜ロードショーで

インサイドヘッドが放送されていました!

 

私は映画を英語で見ることが夢なんですが

 

ディズニーの映画って

わかりやすくてきれいな英語でかかれているから

洋楽を字幕なしで見たい方の入門には

ピッタリだと思うんですよね!!

 

子供にもわかりやすい内容にもかかわらず

大人がみても

素晴らしいと思う、

面白い作品が多いと思います!(*’ω’*)

 

昨日見たインサイドヘッドも

様々なキャラクターが登場するので

絵だけを見ると子供向けのような感じがしますが

 

ヨロコビとカナシミの感情の関係だったり

考えさせられるテーマをふくんでいたりして・・・

大人が見ても

十分楽しめる映画ばっかりだと思うんです!

 

先日この本を読んでいて

英語学習において

確かにそうかも・・・!

という発見がたくさんあったので

今ではすっかりディズニーの映像も

英語学習の教材として取り入れることにしました!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢をかなえる英語はディズニー映画が教えてくれた [ 飯田百合子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)

 

 

新しい発見がたくさんあるのでおすすめです(^◇^)

 

さて、ディズニーから話はそれますが

英語といえば

今私が気になっているアーティストが

ナルバリッチというバンドなんです!

 

彼らの歌詞は

英語と日本語が半分半分くらいで出てくるんですが・・・

 

聞いた感じがとってもかっこいいんですよね!

今日は気になる曲、

hometownの歌詞について

調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


Nulbarich/hometownの歌詞和訳と解説!(ナルバリッチ/ホームタウン)

hometown動画

 

静かなゆったりした曲調から始まるこの曲

しっとりした雰囲気の曲なのか

と思いきや

冒頭のLet’s goから

いきなり雰囲気がかわるのが

かっこいいです!

 

(※ちなみに

引用させていただいた動画は

冒頭からいっきにサビに飛んでしまっているので

途中が省略されています!)

 

 

歌詞をチェック!

冒頭の歌詞から見ていってみましょう!

I’m always waiting for your wave
You take my breath away

 

直訳すると

いつも君の波をまっている

君はぼくをはっとさせるんだ

 

 

のような感じですが・・・

 

 

ここでのyouが

愛する人のことなのか

はたまた何かの比喩なのか。

 

One morning my “Carry Hap” kissed me good luck
The good things the bad dreams a pinch of spice of life
回る秒針に get dizzy Fair and softly goes far in a day it’ll be okay
Sometimes 晴れない feelings なら笑ってごまかす soul

 

ある朝ぼくの「キャリーハップ」が

ぼくに幸運をもたらした

 

良いことも悪いことも

人生のスパイス

 

回る秒針にめまいがして

丁寧で穏やかなものは一日で遠くへ行ってしまうがそれもいい

時には晴れない気分のときもあるけど

笑ってごまかそう

 

Carry Hapって何かな~って思ったんですが

幸運をもたらしてくれる人とかものを

比喩してるんじゃないかと思います^^

 

Carry Happinessかな。

 

すてきな表現です!♡

 

 

 

私的にすっごくいいな、と思ったのが

2番の歌詞でした!

 

目の前に並べられた lavish food Let’s dig in before it gets cold
When it’s time to give up something,it’s time to take a new step
Green lights flashing No reason stopping

 

lavish foodは豪華な食べ物。

目の前に並べられた豪華な食べ物を

冷たくなる前に食べてしまおう

 

何かをあきらめるときは

新しいステップを踏み出す時

青信号がともってるから

止まる理由は何もない

 

ナルバリッチさんの歌、

他の曲にも共通するところがあると思うんですけど

一歩踏み出す時に

すごく勇気がもらえたり、

背中を押してもらえるような歌詞が

盛り込まれている気がします^^

 

スポンサーリンク

 

最後に一番気になるサビの部分です

I say hello, hello, hello I’m on a roll
Here I come the party is over, over, over
It’s over Stay back now it’s my turn
Hey Mr. please 道を空けて Sorry ブレーキが無い
目をそらさず ridin’ 手を広げ Keep steady and be ready 外は晴れ
到着まで play around and I’ll be there right now

ぼくは「やあ、今絶好調だ」という

参加したパーティは終わってしまった

終わってしまったから戻ろう、

次はぼくの番だ

 

ごめんねMr. Pleaseさん、ブレーキがないから道をあけて

目をそらさず進んで

手を広げグラグラししないよう

準備しよう 外は晴れてるし

到着までちょっとふらふらするけど

すぐいくよ。

 

hometownはアルバム

Guess Who に収録されています!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GUESS WHO? [ Nulbarich ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)

 

 

 

まとめ

ということで

今日はナルバリッチさんのhometownの歌詞を

和訳してみました!

 

あくまで筆者の主観で

意味をとらえていますので

作者の思いとちがっちゃう部分はあるかもしれませんが!

 

なにかここはこういう意味なんじゃない?

って思うところがあったら

コメントいただけたら

私も嬉しく思います!☆

 

スポンサーリンク


この記事を読んでいる人に人気の記事٩( 'ω' )و



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)