【田舎の理容室から学ぶ】お客様が絶えない秘密とは?

こんばんは、ゆうです〜♩

今日は床屋さんに行って髪を切ってもらいました^^さっぱりすっきりしたのですが、ビジネスの観点から学ぶところがたくさんあるなぁ〜と💡

ということで、今日はこのお話をしたいと思います!

・理容室に行って感じたこと

私には、行きつけの理容室があるのですが、
そこには大学時代から通い始め、
もうかれこれ10年以上もお世話になっています。

 

その理容室は、田舎にある個人経営のお店。

 

60代のお父さんと、
お子さん3人を育てる30代ママ(以下、Yさんと呼びます)
の親子2人で経営している小さなお店です。

 

で、そのお店はいつもリピーターのお客さんで
特に休日は予約で埋まっていることが多いので、
お願いしたいなら前々から連絡しておかなければ
ならないんですね。

 

・お客さんが絶えない理由

 

それで、私は考えてみたんです。

 

・どうして私はこのお店に10年以上も通ってるんだろう?

・どうしてお客さんは、みんなこのお店をリピートするんだろう?

 

もちろん、カットなどの技術はすばらしいんですが、それ以外にも答えは明白でした。

 

それは、

他の理容室と差別化されているということ。

あと、

お客さんたちは、みんなお父さんとYさんのことが好きだということ。

 

他のお店との差別化

まず、このお店の特徴はおしゃれでアットホームな床屋さんという感じです。

 

お店は、お父さんとYさんの
親子2人で経営をされているので、
お家におじゃましておもてなしをされている感が
半端ないです。

 

これ、多分他のお店は
なかなか真似できないことだと思うんです。

 

お客様にファンになってもらう

また、
経営者のお父さんもYさんも、
お客さんとのコミュニケーションをとても大事にしています。

 

で、お客さん同志の繋がり(誰と誰が友達か)とか、
お客さんの趣味とかも
把握してるんですよね。

 

私のカットを担当してくれるのはYさんなのですが、
私、お父さんとも仲良しで、
なぜか自分の父の話で盛り上がったりします。笑

 

理容室に行くと、いつも明るい雰囲気で、
他のお客さんたちとも
楽しそうに会話する声が聞こえてきます。

 

だから、1人の客として大切にされてる感がすごくあるし、
他のお客さんもみんなそう思ってると思うんですよね。

 

つまり、
私も含めリピーターのお客さんたちは、
お父さんとYさんのファン

なんです。

 

10年以上も通ってるので、たまにちょっと

「あ〜、思った以上に短く切られちゃったなぁ〜」

って思うことも過去にありました。(笑)

 

それでも別に、不満とか湧いてこないし、
(いや、ちょっとだけシュンとしたかな笑)

 

私は結婚後に引越をして、
今はちょっと距離が遠くなってしまったんですが
それでもリピートして通っています。

 

そういう意味で、
この美容院のオーナーであるお父さんとYさんは、

 
オンリーワンのお店づくりをして
ファンを獲得してリピーターになってもらうというビジネスに
がっちり成功してるなぁ〜!

 

と思った経験でした。

 

ビジネスを勉強し始めると、
今までとは違う視点で
物事がみられるようになって面白いです^^
 

・オンリーワンを作ってファン化する!

今回は、私の行きつけの理容室を例に挙げましたが、
ビジネスをする上必要なことは共通だと思うんですよね。

 

それは、

専門技術はもちろん、
自分にしかできないオンリーワンをつくって
一人一人のお客さんを大事にしファンになってもらうこと

 

これに集約されるんじゃないかと思うんです。

 

そんな私も、ありがたいことに、
私個人として進めるビジネスで
お客様が何名かいらっしゃいます。

 

・自分にしか提供できないものってなんなのか?

・自分はお客様一人一人を大切にできているか?

 

2021年は、
自分のビジネスを拡大すべく、
情報発信を始めたので、

これらのことを忘れずに、前進していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)